株式投資で賢く稼ぐための第一歩は、証券会社選びから始まります!
最強証券会社ランキングの中から[最低3つ以上の証券会社]で口座開設をしておこう。

ネット証券会社のメリットといえばやはり手数料の安さですが、その他にも各証券会社ともオリジナリティ溢れる取引ツールや情報配信サービスを無料で提供し、顧客満足度を高める企業努力をしています。株式投資で高パフォーマンスを実現するためには、それらをいかに効果的に利用していくかも重要なポイントです。証券会社の選択は個人投資家にとって、一番最初に訪れる大切なプロセスです。

お勧め!3つの人気証券会社

人気No,1
SBI証券
口座開設数・人気ともNo.1のネット証券会社。手数料が安いことはもちろん、リアル店舗を構えるなど、大手だからこそ可能な他証券会社では真似できないサービスにも注目。個人投資家に人気が高いIPO銘柄の取り扱いもダントツ。口座開設は必須!
人気No,2
マネックス証券
数ある証券会社の中でもとにかく初心者に優しい! 多彩な注文方法が可能な取引ツールは高品質で使いやすく年代・性別を問わず人気!さらに、取引ごとにたまるポイントが、Suicaやnanacoでバックされ、様々な特典と交換できる点も魅力的!
人気No,3
カブドットコム証券
投資判断に役立つ分析ツールの取扱数は他証券会社を圧倒する29種!自慢は高機能・高速トレーディングツール「kabuステーション®」。最新機能「予想売買高急増」は400万件のビッグデータを用い高速計算処理でランキング提示してくれる。
株式解消の技術(改訂版)を無料プレゼント!

株初心者も安心 証券会社選び[3つの王道]

1つめの王道:万全のサポート体制

サポート体制が充実しているということは顧客本位のサービスを提供しているということ。長期的な見地に立てばこうした証券会社の口座を保有しておくことはあらゆるリスクの備えになります。

SBI証券
2つめの王道:最高水準の手数料

株はどこの証券会社で買っても同じ。
つまりコストを低く抑えれば、それだけ株で勝ちやすくなるってこと。手数料は安い方がイイに決まってます!

ライブスター証券
3つめの王道:高性能な取引ツール

株式投資初心者でも簡単に
プロ並みのトレードを可能にする高機能なツール!
操作に苦手意識がある人も動画マニュアルがあるので安心です!

カブドットコム証券
  • みんなが気になるQ&A
  • みんなに聞いた株式投資♪
  • 証券会社最強の組み合わせはコレだ!!
ミスプライス投資編

FPO厳選!最強証券会社BEST5

厳選ポイントを[レーダーチャート]でチェック!
証券会社を選ぶとき、投資家ならば当然考えなければならないのは「1:手数料」の安さ、各証券会社が競って向上させている「2:チャート」の利便性、素早く対応するために見やすくアレンジされた取引画面など「3:ツール」の使いやすさ、お目当ての銘柄を迅速に発見出来る「4:銘柄検索」の機能、投資機会の可能性を広げる豊富な「5:取扱商品」の種類、株式初心者でも安心して取り組める「6:サポート」体制、効率のいい取引を実現させるスマホなどの「7:モバイル」対応、マーケット動向をリアルタイムに伝えてくれる「8:情報」コンテンツ。これらを総合的に判断した優良ネット証券会社をご紹介します。

総合評価 NO.1

SBI証券
SBI証券 レーダーチャート
信頼と実績の口座開設数
格安な手数料、業界屈指の高品質な情報など総合力で他証券会社をリードする業界最大手。350万件を突破した口座数は安心と信頼の証!(2016/3/31現在)
業界屈指のマーケット情報
四季報や株主優待、チャート、個別銘柄ニュース、さらに、外国株式やFX関連まで、プロレベルのマーケット情報が無料!
ダントツのIPO取扱数
2014年度の全上場会社数のうち、約85%の銘柄を取り扱うなど、IPOでも他社をリード!抽選に外れてもIPOチャレンジポイントで次回の当選確率アップ!
口座開設はこちら

高機能ツールNO.1

カブドットコム証券
カブドットコム レーダーチャート
取引ツールNo.1
様々な注文方法があり、売買タイミングを逃さない迅速なトレーディングが可能。ニュースのチェックから発注まで全てがここで完結できる。
プロレベルのチャート
テクニカルの種類が豊富で各指数(金・ロンドン原油、為替)との比較も可能。機動性に富み使い勝手としては文句なし!
登録銘柄を一覧表示
気になる銘柄の株価を一目で確認したい。最大180銘柄を登録し、18銘柄のボードを10ボード形式で、各種ランキングや業種別ボードを表示できる。
口座開設はこちら

初心者サポートNO.1

マネックス証券
マネックス証券 レーダーチャート
使いやすいスマホアプリ
多彩な注文方法が可能な取引ツールは高品質で使いやすく、とくにデザイン性に優れたスマートフォン向けアプリは、年代・性別を問わず人気。
様々な有益情報
マネックスのアナリストからだけでなく、世界有数の金融機関J.P.モルガンが機関投資家向けに作成しているレポートなど様々な投資情報が利用できる。
取引ごとにポイント
「一日定額手数料」利用時の日計り取引では片道手数料がポイントでバックされ、様々な特典と交換できる(Suicaポイントやnanaco、JALやANAのマイル他)。
口座開設はこちら

株式手数料 No.1

ライブスター証券
ライブスター レーダーチャート
手数料の安さNo.1
取引手数料で驚きの低コスト。現物の1約定代金が10万円以下なら80円(税抜)信用取引では300万円以上で無料としている。
便利な自動売買注文
iサイクル注文は、過去の値動きから想定変動幅(レンジ)を算出し、安く買って高く売る、高く売って安く買い戻す注文(IFDO注文)を自動的に繰り返す。
選べる手数料プラン
注文ごと約定代金に応じた「一律(つどつど)プラン」と、1日の約定代金合計額に応じた「定額(おまとめ)プラン」と2つ手数料プランがあり随時変更可能。
口座開設はこちら

情報コンテンツ

岡三オンライン証券
岡三オンライン証券 レーダーチャート
良質なマーケット情報
大正12年創業の老舗、岡三証券グループから誕生したネット専業会社だけに、自社アナリストのレポートは証券のプロとしての智慧やスキルが盛りだくさん!
豊表計算ソフトから発注可能
「岡三RSS」は表計算ソフトExcel上で利用できるアドオンツール。自動更新される株価をリアルタイムで計算しシステムトレードへの応用も可能。
満足度9割超のWEBセミナー
毎月第一金曜日には注目経済指標「米国雇用統計」を実況生中継!トレード戦略に関するセミナーも実施される。
口座開設はこちら

特別編FPO厳選!おすすめ証券会社プラスα

プラスαとしてイチオシの理由は情報コンテンツが豊富に備わってことが理由

企業価値を項目ごとに選別する「銘柄スクリーニング機能」は割安株の発見を強力にサポートしてくれる!
また株式市場と為替市場は互いに影響があるものだからこそ、為替の動きを確認できる便利なツール「プラチナチャート」を効果的に使えるFX口座も同時に作っておくことで、相乗効果を大いに期待できると言っていいでしょう!

マイページから株式とFXの取引画面をワンクリックで移動できる利便性もおすすめポイントです。実際、株式とFXの両方で利益を上げている投資家は少なくありません。双方向的な視点を持つことでメリット大と断言します。ここなら投資の種類ごとに証券会社を使い分ける面倒もなくなりますね。

※FX口座開設後にマイページから株式口座を簡単に追加申込できます。

FPOオススメ

GMOクリック証券
GMOクリック証券 レーダーチャート
顧客満足度ランキングNo.1
2015年度オリコン顧客度ランキングで、9部門で1位を獲得。FX口座も同時に開くことで利用できる為替ツール「プラチナチャート」での相乗効果は絶大。
企業分析ツールなど優良情報が充実
ファンダメンタル分析ツール「シェアーズ」は、理論株価を予測するシミュレーション機能があり、企業価値を可視化できるのでバリュー投資に最適!
機能性に優れたスマホアプリ
慣れると手放せない、きめ細やかなウォッチリスト!スムーズな操作性を実現するメニュー構成、直感的なチャート操作も自由度抜群!
口座開設はこちら
証券会社最強の組み合わせはコレだ!!

複数口座を持つ場合は、それぞれの証券会社の特徴、メリットをより活かせるようにバランスを考える必要があります。 これから株式投資を始める人はいずれかの選択でいいでしょうね。

相乗効果を狙うおすすめ証券会社の組み合わせBEST3

第1位

カブドットコム証券 口座開設はこちら
プラス
SBI証券 口座開設はこちら
プラス
マネックス証券 口座開設はこちら

第2位

カブドットコム証券 口座開設はこちら
プラス
マネックス 口座開設はこちら
プラス
GMOクリック証券 口座開設はこちら

第3位

SBI証券 口座開設はこちら
プラス
GMOクリック証券 口座開設はこちら
プラス
ライブスター証券口座開設はこちら

各ネット証券会社とも顧客満足度の向上と新規顧客獲得のために最新ツールの開発やサービスの拡大に取り組んでおり、日々個人投資家にとってすばらしい取引環境が整えられています。とはいえ、情報過多とされる今のネット環境では、特に初心者には選択肢が多すぎることでかえって判断を難しくさせています。

そこで株式会社FPO(投資顧問)が独自の情報網を駆使し、様々な角度から検証を重ねた上で、安心できるネット証券会社をタイプ別に分けて厳選致しました。
調査概要

当サイトのランキングは下記アンケート結果を元に証券会社のランキングを表示しております。調査概要は下記になります。

  • 調査企画・担当者 株式会社FPO白石透
  • 調査目的 株式投資に関するサービス内容やサポート体制に対する
    ユーザの意識調査
  • 調査方法 アンケートフォームを設置し回答モニターを募集
  • 母集団 投資に知識・経験のあるインターネットユーザー
  • 調査対象者 FPO公式メールマガジン読者(読者数27万7958名)

免責事項

本サイト「最強証券会社BEST5」は、証券会社選びの参考となる情報の提供を目的としたものです。内容については、株式会社FPOの見解であり、その正確性及び完全性は必ずしも保証されてはいません。本サイトに掲載している情報に万一内容に誤りがあった場合及び内容に基づいて被った被害については著者及び株式会社FPOは一切の責任を負いかねます。