閉じる

藤ノ井俊樹の株攻略ビデオ講座(5本)&テキスト(170ページ)が今なら無料!※このキャンペーンは期間限定です。 詳しく見る>>

YOUは投資家?それともトレーダー?

あなたは投資家を装っているだけ!?投資家とトレーダーの棲み分けをはっきりすることで一番負けやすい市場参加者のフォームが矯正される

trader160218

こんにちは、盛岩外四(もりいわ がいし)です。

リーマン・ショック以来の下落を記録した大荒れ相場で、下落の速さとボラティリティーの高さに翻弄されてしまった方も多いと思います。

一方で、東証のカラ売り比率は40%に達し、ドル/円の投機筋の円買いポジションは円売りポジションを年始から大きく上回ってきました。つまり大雑把にいえば、強烈な下落相場にポジションを合わせた市場参加者が半数近くいたということです。

為替相場では、上昇と下落のどちらが好ましいというのはありません。しかし、株式相場の場合は、基本的に「買い」で臨む方が圧倒的に多いのも事実です。買うということは、文字通り、上昇を期待しているわけですね。

ここで質問です。

あなたは為替でも、株式でも、株価指数でも、商品先物でも、手がける銘柄に惚れ込むでしょうか。つまり、何があっても、どれだけ自分の期待を裏切っても、その銘柄に「投資」し続けるか、ということです。

価格が上昇している限り、その銘柄は好きだし期待もする。少し下がったらナンピンもする。だけど、50%も60%も下がったら、場合によっては10分の1になったら?

それが市場全体が大荒れになった影響で下げたとしても、持ち続ける=投資し続けるでしょうか。銘柄固有の理由で下げたのならどうでしょう。

これは、あなたが「長期間持ち続けたいと銘柄に惚れ込んでいるか、それとも、ただ儲けさせてくれる(儲けさせてくれそうな)銘柄だから、その時点では評価しているにすぎないかどうか」を問いかけているわけです。

言い換えれば、あなたは「投資家」か、「トレーダー」か、ということです。

 

「投資家もどきのトレーダー」は最も稼げない?!

trader160218_2

今回の大荒れ相場で、あなたが買い持ちしていた銘柄に対して「この野郎!!」「いつまで下がるんだ」「この銘柄はもう見切りをつけないと」「早く、手放したい」とダメ出ししているのなら、あなたは「投資家もどきのトレーダー」です。

一方、「配当金もしっかりと出す」「半値になったなら喜んで買う」「将来性もあるから持ち続ける」と地に足のついた判断(いい判断かどうかは別にして)をするのであれば、あなたは「投資家」です。

要するに「投資家」とは、手がけた会社と苦楽をともにし、将来の成長や利益に向かっていきましょうという意思を表明した人と言い換えることができます。

投資で資産を殖やそうとするためには、会社の実情を把握し、効率の悪いところを改善するよう指摘し、会社が「利益」を独り占めしているのなら、それを分配するように求めることもします。微力であっても、です。

一方、本来の「トレーダー」は利益を追求することだけに専念します。つまり、会社や業容、業績、将来性に期待することなく、価格にのみ注目します。したがって、売りもすれば、買いもするということです。

昨日と今日で手掛ける銘柄が違うことは日常茶飯事です。場合によっては、その日のうちに矛先を転じることもいとわないこともあります。今日は買いと判断したものが明日は売りと、意志決定が正反対になることもあります。

トレーダーにとって一定のトレンドが出ることが利益の源泉であり、トレンドが出ないものは「魅力的ではない」ということになります。

一時的に「投資家」になったつもりが、あなたの期待を裏切る動きをすれば、「トレーダー」に豹変する。これが、一番負けやすく、儲けられない市場参加者といえるでしょう。

 

「負けトレード」こそが、次の勝ちにつながる宝庫

trader160218_3

さて、今回の大荒れ相場で、あなたはどれに属していたでしょうか。

大きな損失を被ったとしても、この下落相場で大きな利益を手にしたとしても、なぜそうなったのかを振り返る良い機会だと思います。

長く相場を張っていれば、大荒れ相場を一度や二度は必ず経験します。相場の世界で生き残るためには忍耐が必要ですし、ときに迅速な、そしてほんの数分前に下した判断を翻さなくてはいけなくなるときもあります。

多くの成功したトレーダーは、「負けトレードこそが、次の勝ちにつながる宝庫」と口を揃えて言います。

「なぜ、負けたのか」「なぜ、ストップ(ロスカット)をかけなかったのか」「レバレッジを調整したか」「(現物取引だけをしている方なら)資金の全部をパンパンにつぎ込んでいなかったか」「チャートを常にチェックしていたか」「リスク要因の台頭に鈍感ではなかったか」「誰かに依存していなかったか」と振り返れば、改善できる点は多いと思います。

 

盛岩外四も負けて、いやーな思いをしてきました

盛岩だって、何度も窮地に立たされたことがあります。ときに、持ち株が10分の1になったこともあります。それでも、負けを受け入れ(振り返るのは、自ら傷口に塩をぬるようなことですけど)、次に同じ過ちを犯さないようにチェックし、問題点を書き並べました。

それでも、雰囲気でトレードしてしまうことがあります。そういうときは、ほとんど負けます。

だから、少しずつでも改善するようにしてください。今回の相場で「いやーな思い」をしたならなおことです。「あんな経験、二度としたくない」ですよね。これが重要なんです。

投資家からトレーダー(トレーダーが悪で、投資家が善という意味ではありません)に豹変する前に、これから身に降りかかってきそうな「いやーな思い」を想像してください。そうすれば、早めにストップをかけられるようになります。くどいようですが、「いやーな思い」をしてからでは遅いのです。

そのためには、負けない勝負に徹することです。そして、どうすれば、それができるようになるかを真剣に考えてください。「負けない勝負をして、本当に勝てるの?」と一瞬でも思いませんでしたか? そうであれば、その価値観を変えてください。

あなたの資金を守れるのは、誰でもない「あなた自身だけ」なのですから。

 

PS.是非、下の感想フォームから、今あなたが感じていることを聞かせてください。

成功例、失敗談、肝に命じていること、心に決めたこと、反省すべきこと、継続していること・・・何でも構いません。心に思うことをアウトプットすることは、脳に刺激を与えフォーム矯正に素晴らしい効果を生み出してくれるはずです。

あらためてお聞きします。あなたは「投資家」ですか?それとも「トレーダー」ですか?
追加記事:マーケットの主導権を握る者に付け!

 

追記:盛岩外四特別インタビュー動画

白石「先生は投資家(インベスター)ですか?それともトレーダーですか?」
盛岩「僕はテクニカル分析をベースに●●●という気持ちでやっています。」

投資の考え方について、極めて根本的なところに鋭く切り込んだ話が聞けました。あらためてご自身のフォーム修正を考え直さないといけないと感じるポイントをいくつも発見できると思います。

短い時間でのインタビューでしたが、月に一度は聞いておきたいかなり濃い内容ですね。

「と、ところで・・・盛岩先生。どうして丸坊主なんですか?」汗汗汗

 

ご感想をお聞かせください
文章を書くのが苦手な方は簡単なコメントだけでも構いませんので、是非ご投稿ください。皆様からの喜びの声が、何よりの励みになります!

※姓か名のみ、もしくはニックネームでも構いません。

※メールアドレスが公開されることはありません。

※個人を特定できるような情報は入力しないようご注意ください。

39件の送信がありました。
ひよこトレーダー さん

自分の立ち位置を明確にする良い機会を与えて下さりありがとうございます。

盛岩先生のイメチェン、大成功だと思います。
雰囲気がより明るくなり高感度アップです。

turu さん

しゃべるだけの講義は疲れます。
表とか
いろいろな説得資料を使って下さい。

suiso さん

私はトレーダーです。

yuki さん

私はトレーダーだと明確になりました。

ちーたん さん

インベスターのつもりでトレーダー。
どっちに軸をおくのか、もう一度考えてみます。

前田 さん

自分がしたことに対して、責任をとれるような人に成りたい。

極み さん

失敗 資金管理が極めていなかった
今は 投資家 資金管理を極めれば
損切も 大局が見えていれば必要ないと
思います 何事も極めなければ
痛い思いのままですね

とらちゃん さん

かなりの痛手です。
キャッシュを現物に入れ過ぎて余裕がありません。今は待つしかありません。
思い切って損切の覚悟が必要かも?

小島 さん

正直、自分の立ち位置が
よく理解できてないように思えます

先ずは、そこが問題ですね

永田。 さん

株は投資家。
FXはトレーダー。

でも、株のトレードも準備中。

aki さん

「あなたは「投資家」ですか?それとも「トレーダー」ですか?」

もう一度、見直して見ようと思います。

ボギー さん

まだ、トレーダーにはなり切っていないと感じる時がありますが、トレードは遊びではないことをいつも頭においてます。利益が出せないトレードであれば止めたほうが良い。失敗することもあるが、それを振り返って冷静に利益に変えていく、自分独自の方法を見つけることが大事です。そのためには勉強も必要と思います。

全く別の意味で投資家になることもあると思います。自分の応援する会社に投資することはそれはそれで良いと思います。儲けようと思うので無く、その会社の将来を応援する意味で良いと思います。でも、それはトレードは全く別に考えるべきだと思います。

中津次郎 さん

akumademo、利益追求のトレーダーです。
カブはやりません。内部情報、インサイダー、いんちきがはびこっているところでは勝負の使用がありませんから。

鈴木 さん

自分は、資金が少ないので、トレーダーです。
自分ば思う投資家とは、億以上のお金を、持ってる
人だと、思います。

小侑 さん

私は投資家でもトレーダーでもないと最近つくづく思います。
なかなか儲からないので。先日も急激な為替の変動で相当額を失くしました。
アドバイスがあったらよろしくお願いします。

小侑

ひいらぎ さん

今年に入ってからの大暴落で、売り払った銘柄は全体の1割程度です。他のは配当金もあるし、優待もあるから、10年間寝かせようと思いました。
ただ、キャッシュの殆どを現物に入れてパンパンにしていたので、損を確定させたくないだけだったかもしれません。
投資のためのキャッシュを投資で稼ぎたいのですが、しばらく無理なようです。

ヨモギダ さん

今回の内容は わたしが最初にあたった壁です。
世間では長期保有の投資が正しいと
もてはやされていますが 下げつづける銘柄
を保有し続けてお金を失うことが正しい?
と感じました。 ほとんど多数の方がしていることは
マーケットを介した トレード!お金儲け!です
その区切り違いに気がつけないでいると思います。
投資とトレードの違い について そして空売り
について もっと メディアは積極的に情報を発信
すべきだと思います。
根本は この株(会社)業績もいいしあがりますよ!
とは言えますが、この株(会社)下げますよ!とは
言えないところ、下げ=業績不信(悪い会社)と
思われ、マーケット株価は需給であげさげ
していることが理解されていないことだと感じます。

村上 允洋 さん

 今回の問題とテーマが少し違いますが、常に私は考えるのに
日本の上場株全体の総値打ちとは、企業の産む値(科学の発達、生産性の向上、インフレ、デフレ)が有り変化します。
 野村証券、投資信託等の株式の流通経費、売買手数料、買換え料、俗に場銭、株価が上昇の時は、気になりませんが、株価が低迷した時には、大きく感じます、産業の革命、生産性の向上、科学の進歩が、大きく必要でしょう。
 日経225は、私が知った時は、350円程度でした。随分の変化です、その間優良銘柄と時代を去った銘柄の入れ替え繰り返してきました、今後も相するでしょう従って、225良いかも割りません、妙味に掛けますが。
 大きい相場を繰り返す毎に外国人持ち株比率が向上します、方や円資産をUS$資産・資産の国際バラン化。
 人口の減少、ボーナス人口、で土地の都市と地方の価格差は、益々進むでしょう。
 国内の金は、上昇傾向でしょうが。それと比較すると国内の株式は金と同じ上昇でしょう、しかし国際的な価値は?

滝沢敏夫 さん

初めて、読ませて頂きました。
私の取引は、あなたの指摘のとおりです。
大きな痛手を受けました。今は冷静になって、市場の動きを見ております。
これから、過去からの内容を読ませていただきます。

omosiroiyoni さん

負けパターンを排除するためには、すべてのトレードの記録が必要ですね。
効率的にできないものですかね〜。

のほほ さん

記事、拝見しました。
いつも楽しみにしております。ありがとうございます。

コメントです。

・成功例
 自分を褒めたいのは
 1.損切り注文できた、キャンセルしなかった
 2.ここで売買すると決めたことを実行できた
 3.間違えたら、即訂正した

・失敗談
 1.上に書いたことが毎回できてませんし、
   少ないです。特に1と2です。
 2.取引しすぎで、損切り貧乏&手数料でマイナスまたは0。
   利益がどんどん目減りしていく。
   結果的に休めば良かったと後悔。
 3.買いが遅くて、売りが早い。
   順調に上げ続けてきた後で買う→下がる
   含み益を減らしたくないがために売る→上げる
 
 書いていて思ったのですが、
 めちゃくちゃです・・・

・肝に命じていること
 1.余力を使い切らない
 
 思いつくのは以上です・・・。

・心に決めたこと
 株式投資で坦々と稼げるようになる!
 勉強と挑戦!

・反省すべきこと
 買うところ、売るところ決める
 休むときは休む

・継続していること
 勉強と銘柄探し
 毎日株のこと考えてます。
 中毒です。

・「投資家」?それとも「トレーダー」?
 投資家もどきのトレーダーかもしれませんが、自覚がありません。
 両方ともできるようになりたいですし、
 状況に合わせて、使い分けができるようになりたいと思ってます。

・感想
 書き出して思ったのですが、
 いろいろ考えさせられました。
 今日は、改めてどうしていこうか考えながら寝ようと思います。
 ありがとうございました。

太郎 さん

投資家として成功するのはかなり難しいです。投資家であってもトレーダーとしての認識を持たなければいけないと思います。

相場で勝つためには難しいことを考えないことが大切。大もうけをしている相場師はけして難しいことはしていません。簡単な売買で確実に利益を上げ続けることができることが相場師だと思います。

北川 さん

常に負けないように心がけています。失敗もありますし、でも次はしないように経験を重ねています。
中期、長期も投資しており、短期でも為替をしています。
トレーダーなのか投資家なのかは????です

コリパン さん

兼業投資家のコリパンです
今回の記事の概念で言うならFXではトレーダーですね

言い方は雑ですがロングでもショートでもどちらでも良いです 中長期の流れを分析しトレンドについていって利をだしてます

株式の場合は投資家もどきのトレーダーみたいです

例えばユーグレナは将来性と南雲社長が好きで数年間保有してました(500円台のはまだ保有 1400円台は売却済)
私見ですが今回明らかな暴落相場が訪れそうです
ユーグレナが悪いのではなく相場が悪くなるので利が乗ってるうちに手仕舞いして更に安くなってから買い増しするつもりです

投資家(トレーダー)として数多の失敗を経験して行き着いた大事なことは資金管理です それと負けないことと勝つために負けることですね 

3Dマトリクスを保有してます3882円で保有して現在650円です約-83%のマイナスです(笑)

今考えればアホなんですが自分で分析してない銘柄です
この銘柄は売りません 
2度とこういう失敗をしないための戒めとして毎日見てます 過去の自分という反面教師ですね

中島 さん

投資家(資産家=資産で生活できる人)になりたいが、その為には早く資金を増やしたい。それで、目の前の「美味しそうな」銘柄にふらふらと行って結局、大損といううパターンが多かった。

大成功している人は確かに投資家のようであるが、目の前の小銭を稼いでいるのを見るにつけ投資とトレードをしっかりと分けることが中々難しい。

なかお さん

私はFXトレーダーです。
大負けしないようにする為にはエントリーする前に自分なりのストーリーをたて損切を置くことです。
そして先生のおっしゃられる様にその結果を受けて検証して次に生かしていく事が大事だと考えます。
先生の意見は大変勉強になります。
ありがとうございます。感謝。

大澤悟 さん

資金管理の徹底ですね

Richiefx さん

そうですね、大切な資金を守ることができれば資金は増え続けていくと思います。数か月かけて増やした資金がまた元に戻ることがありましたが、元金は減らしてはいません。次につなげるためです。

もう少し早く見切りをつけていれば(損切)そこまで減らすことはなかったのですが、再度 コツコツと増やしていけますので大丈夫だと思っています。

私は、FXでしかもEAを使ってトレードしておりトレーダー(投機家)と自覚しております。いつかは投資家となり社会に世の中に還元できるようになりたいと思っています。

だいすけ さん

盛岩先生らしい文章、本当に参考になります。
今回、特に以下の処が参考になりました。
(本論とは異なる箇所かもしれませんが…。)

『心に思うことをアウトプットすることは、脳に刺激を与えフォーム矯正に素晴らしい効果を生み出してくれるはずです。』

「がんばろう!」と言う勇気を与えて頂きました。
ありがとうございました!

出水盛蔵 さん

盛岩先生

 お世話になります。私は投資家を目指してはおりますが、トレーダーとして、その時の相場に向き合いたいと思っております。そうする以外に自分を守ることは出来ない現実があります。相場が下げなら売り、その中でも上げる(逆行)もあります。そのトレンドが長いスパンなのか、短いのかの判断をしながら、何時でも逆行に合わせるように動きたいと思っております。上げもする、下げもするのが、相場である以上身軽に動ける訓練だと真剣に思っています。現在のような市場では資金を限定し(もともと資金は少ない)ので、1ドルからでも受けてくれる証券会社を選んでおります。負けたり、勝ったりの繰り返しです。
 急激な反落や逆行でもついて行くのが大変ではありますが、それも相場ですので、大負けのないように、利益を出せるようにと心がけております。

さむ さん

雰囲気でトレードしてしまうのって正直なかなかなくならないんですよね。

目の前の相場が少しでも自分の期待と近い動きをしていたら、余計にトレードせずにはいられません。だって、利益を得るためにやってますからね。

そういう意味では投資家ではなくトレーダーだと断言できますが、決して賢くはないですね。

8年ぐらいトレーダーは続けられているものの、まだまだヒヨッコ。続けられていられるのはFPOのおかげですが、自由を手に入れるには遠いですね。

とりあえず、雰囲気トレードをしない、負けない勝負に集中、再度徹底して頑張ります!!

田川 さん

すみません関係ないかもしれませんが教えていただきたいのです。FX 客の損失が利益って本当でしょうか?もしそうだといろいろな細工をすることも考えられます。くりっく365はその心配はないですか?FXやるかどうか根幹にかかわるので本当のところを教えてください。よろしくお願いします。

中山 さん

T芝が不正会計となり監査法人まで罰金、排ガスのデータ改ざんでゴキゲンではなくなったVクスWゲンなどを考えると、

『「投資家」とは、手がけた会社と苦楽をともにし、将来の成長や利益に向かっていきましょう』という発想はいかがなものだろうか。

それは投資家ではなく慈善家だと思います。
投資家であれば、ストーリーが変わってしまったら見切りをつけることも必要です。

今回急激な円高の影響で相当レートを円安方向で見積もっていた外需企業は軒並み下方修正、レートの見直しに大慌てです。

満を持して上場したゆうちょ銀行なんて日銀によるマイナス金利で今回の適用先としては一番しっぺ返しを食らっているわけです。

いくら企業の個別要因ではなくて値下がりしていてもマクロのファンダメンタルズが歪んでしまえばそれはいずれ企業業績に回帰しますので放置していると取り返しのつかない含み損を抱えてしまうことになります。

投資家であれば状況に応じて“踵を返す”必要があります。

「投資家もどきのトレーダー」であるが故に早い段階で状況判断(ロスカットかナンピンか)が出来るため損失を抑え、マーケットの間違いに投資をするという軸は振らさず行動していくことが出来ると思ってます。

色んな考えがあって面白いなーと思いました。

禧佳 さん

FX速習6か月講座で勉強しています。理屈と実践が融合されていること、自分の環境に合わせてルールを作っていけること、などが自分にはぴったりで気に入っています。時間的に限られた環境で投資そのものをどう組み込めば良いか、を見つけるのに5年もかかってしまいました。その間は当然負けてばかりです。今は勝ったり負けたりで資金は増えませんが、なんとか上積みできる様に、とワクワクしながらチャートを見ています。結果さえ気にしなければ良い趣味ですが、本当に勝てる様になるか不安もあります。投資で成功した人の話ばかり聞いてもいい気がしません。
今になって質問できる様になりました。残念ながら期限が過ぎてしまいました。疑問を扱っていただける環境があるとありがたいです。
今回のような抽象性の高い話は参考になります。こういう話ができる人が少ないので、今後ともお教えいただきたく思います。

    白石透 白石透

    FXトレーディング速習6カ月講座のご利用誠に有難うございます。質が高いだけでなく、ボリュームも相当ありますので、解説ビデオを見ていくだけでもかなり時間が掛かってしまいますよね。重要なポイントは繰り返し見たくなることも、きっとおありでしょう。ですが、そうなるとやっぱり期限内に質問できなかった(泣)なんてことも出てきますよね。FPOスタッフも盛岩先生も学習意欲のある人を親身になって応援したいという気持ちを持っています!ですので、半永久的に無制限ということは難しいですが、最初の質問から6ヶ月ということでどうでしょう?盛岩先生の回答を他塾生にもシェアさせていただくなどして、みなさんでスキルアップしていければ素敵ですね♪ご質問お待ちしています。頑張っていきましょう!

kazu さん

自力で継続して勝てなければトレーダではない
投資家は他力本願
継続は力なり だけです
負けトレードに学ぶことはありません
勝つイメージのみ考えます
負けて反省すると次にエントリー出来なくなります

あけko さん

株式投資って面白い!と思った当初の気持を忘れ、最近はすっかり「投資家もどきのトレーダー」になっていたな~と感じました。今自分は、その株に対して「投資家」なのか、「トレーダー」なのか自覚があるかないか、なのかなぁと思いました。

ナナ さん

今、まさしく盛岩先生指摘された、私は投資家トレーダーどちらともいえない曖昧でした。株式市場が右肩上がりに上がって行く場合は利益そこそこ出ていましたが今の株式市場では無理と思います。今の日本の株式市場は仕手株化しているだから世界のヘッジファンドが狙っていると、、日本の株式市場では投資で利益を上げていくのは難しい、アメリカにおける株式市は毎年右肩上がりに上がっているだからこそ投資家成功はする。日本の株式市場では難しと思います。今まさにトレーダーになるべきですか?盛岩先生のレポートを読んでこのことに自分自身強く感じました。

世界一のいい男 さん

同じことを何度もいろいろなところで聴きました。しかし、全然実際の行動には反映できていない私です。一時の情動によってミスを続けていたと思っていましたが、実は根本的に投資家的トレーダーやトレーダー的投資家の観念がしみ込んでいるのだと気づきました。ではどうするかが次の課題です。

WEBパートナー募集中!
最強FX会社BEST10
読者数日本一17万人突破!FXメールマガジン