閉じる

藤ノ井俊樹の株攻略ビデオ講座(5本)&テキスト(170ページ)が今なら無料!※このキャンペーンは期間限定です。 詳しく見る>>

投資家が意識すべき3つのステージ

億プレーヤーになるまでの過程には段階的変化が求められる?初期ステージで悩む個人投資家がワンステップ乗り越えるために必要なこと

170711step_top
白石です。「株をするなら、資金はどれくらい必要なの?」株式投資に興味を持ちはじめた頃、少なからずそのように考えた人は多いことでしょう。単に株式投資を始めるだけであれば、数万円程度からでも可能です。ちなみにあなたはどのくらいの資金で始めましたか?

もちろん、ある程度まとまった資金量があるほうが買える銘柄数も、戦略の選択肢も増える分、有利であることには違いありませんが、必ずしも資金が多いことが勝つための条件というわけでもありません。

実際、意気揚々とウン千万の資金を準備して株の世界に飛び込んだものの、わずか数年で破産寸前まで資金を減らしてしまう人もいれば、小額資金からしっかり増やしていき億以上を稼ぎ出した投資家もたくさんいます。

スタートの条件がまるで異なる両者の結果を分け隔てたのは、いったい何だったのか?今回は株式投資家の成長過程で肝に銘じておきたいポイントを資金面から俯瞰してみていきたいと思います。

 

好奇心ではじめた株式投資

170711step_4
はじめてのリスク資産の運用にいきなり全財産を投じる人はいないでしょう。やはり最初は試験的な意味合いで資産の20%以下の軍資金でスタートする人が多いのでは?

その後、手探り状態で増えたり減ったりしながらも資金が増えていくことに。逆に減っていく人は、ふるいにかけられたようにこの世界から順番に身を引いていくことになるので、売買を継続している投資家は基本的に増えていると考えていいでしょう。

その一方で、上手くいったのは初めだけという話をよく耳にします。いわゆるビギナーズラックというものでしょうか?なんとなくという根拠のない売買でも相場が味方することはままありますが、やはり長くは続かないもの。好奇心だけで株式投資をはじめた人はとくに要注意です。

ほとんどの投資家が、目の前の利益を掴むための情報にばかり目を向けがちになります。「株式投資はお金が増える」というイメージのほうが、「株式投資はリスクがある」という意識に勝っているのだから、ある意味仕方ありません・・・。汗

昨今、高確率を謳う投資手法や単刀直入に今こそ買うべき急騰期待株といった情報は、ネット上にもごまんと溢れかえっています。ですが、成功するために必要不可欠といえる、資金面からスポットをあてた投資家のステップアップについて解説されているものはほとんど見当たりません。

株式投資には段階というものがあります。資金量が増えていくことで投資家自身も変わっていかなければならないのです。つまり、資金に応じて投資方針やメンタルにいたるまで、変更、修正を加えていく必要がある?!

その部分を軽視あるいは無視していては、いかなる投資手法もどんな期待株も利益として還元されることは難しいということを、ここで知っておいてほしいと思うのです。

では、具体的に資金が増大するにしたがって、どのような思考の転換が投資家に必要とされるのか?

一般的にスタート段階と考えられる「500万円」クラス、投資家として分析や情報収集に高い関心を持つようになる「3000万円」クラス、長期的な資産形成まで視野に入れ安定性を考えられる「1億円」クラス、このように大きく3つのステージに分けて考えてみることにします。

※金額はあくまで目安です。もっとも多いであろう500万円以下で株式投資をはじめた人も「500万円」クラスに該当すると考えてください。

 

1stステージ「500万円」クラス

170711step_1
初心者がいきなり1000万円以上の株式投資をすることは考えにくい。もし、可能であっても控えるべきでしょう。リスクへの認識がまだまだ甘い段階では、500万円でも多いくらいです。やはり、慣れないうちは高額での売買はオススメできません。

ひとつのモデルとして、このクラスにおいて資産を増やしていく過程は、そのすべてがリスク資産との付き合い方を学ぶステージという認識をもつことが重要です。

多少の失敗が続いても、十分巻き返しが利くこのステージのうちに「市場心理」についての理解を精一杯深める努力をすべきです。株式投資に関する書籍で勉強するもよし、ネット検索すれば無料で公開されている良質な情報サイトなどもたくさんあります。

どういう情報があるのか、どういうところを見ればわかるのか、自分の取引スタイルに効果的と考えられる情報サイトを見つけておくのも、このステージにいるうちにしておいたほうがいいでしょう。

たとえば証券会社のログインページにも、ほぼリアルタイムで更新されるマーケット情報や便利な分析ツールなど、今やプロレベルといっていいほどの環境が整えられています。

なので、売買の予定がなくても毎日一度はログインして見る癖をつけておくのもいい。毎日見るからこそ、変化に気づく目や相場観というものが少しずつでも養われるのです。

 

2ndステージ「3000万円」クラス

170711step_2
家が一軒立つほどの資金を運用するわけですから、少なくとも遊び感覚は脱していなければなりません。

ある程度、利食いも損切りも経験してきており、単に漠然とお金を増やしたいという意識から、具体的な目的をもった投資へとシフトチェンジする人が多くなるのも、このステージと考えられます。

資金的に多くの銘柄をターゲットにすることができるため、楽しみの幅は増えますが、比例して資産管理の重要性が増してくるステージでもあります。各銘柄への資金配分をはじめ、部分的な利食いおよび損切りの判断も計画的に行う必要がでてきます。

また特定の銘柄に固執することなく、市場全体の流れやテーマ性なども考慮していかなければなりません。このステージからは全体の資金バランスを考えて、リターン獲得以上にリスク管理に注意を払う投資を考えていくことが求められます。

考えれば考えるほど悩ましいと感じるように、実際に多くの投資家の目の前にこのステージの壁が立ちはだかりますが、段階的にステージをクリアしてきた投資家であれば、3000万を超えてから1億までの道のりは思うほど遠くないでしょう。

 

3rdステージ「1億円」クラス

170711step_3
ここまでくれば、もう日々目まぐるしい売買をすることもないので、心理的には安定する反面、資金が大きく増えたことで気の緩みや慢心が生まれます。あいまいな計画、怠慢な分析作業といった具合に大雑把な投資になりがちになるのが、このステージの大きな落とし穴。

1stステージで1000株買うのにあれほど慎重になっていたことは、記憶の底に封印されているのか、すでに消失してしまっているのか。安易に大量の注文を入れるような杜撰さが見られると危険信号。

騰落率が同じであっても、資金額が大きい分、実額ベースでの差は相当なものになります。100万円の資金で10%の損失なら10万円ですが、1000万円の資金であれば100万円ということになります。もっとも気をつけるべきは、たった100万円の損失くらいと割り切ってしまうような感覚のズレです。

もちろん、皆が皆、そのようないい加減な思考になってしまうかというとそうではありません。

初期ステージの段階から、しっかり利益を積み上げながらタフな投資メンタルを培ってきた人なら、大きく仕掛けるときにも確たる考えがあってのことでしょうし、万一思惑に反した動きとなってもパニックに陥らず、計画通り冷静に対処することができるはずです。

反対に心配なのは、はじめから大きな資金で株式投資を始めてしまったビギナーです。定期預金を全部解約&退職金もすべてといった具合に・・・。株式投資に関するスキルは初期段階なのに、投資額だけは上級ステージに属しているわけです。

株式投資のイロハも知らずに始めるなんてギャンブルと変わりません。みるみるうちに資金を大きく溶かしてしまった挙句、「投資は怖い」「投資は危ない」と罵詈雑言を吐きながら撤退していく人がこの部類に属しているといえそうです。

 

FINALステージ「憧れの億プレーヤー」へ

170711step_5
まさに周りの人たちに「成功者」と認められるfinalステージ!投資家としてのひとつのゴールの形かもしれません。

企業が10%成長で伸び続けるということは、年10%株価が上昇していくのが基本です。ということは、1億を超える大きな資金で投資できる人であれば、複利だけでも十分に増やしていくことができます。金持ちがさらに金持ちになっていくのは、こういう構造にあるともいえます。

ですが、あくまでも↑コレ↑はfinalステージでの投資スタイル。

小額資金の投資家が、ノンビリと企業の成長にあわせて複利だけで満足できるわけがありません。だったら解決策は?できるかぎり短期で上昇期待の高い中小型株や品薄株に次々と乗り換えながら、資金効率を図るのみ!

資金が少なければヘッジファンドなどに逆立ちしたって勝てないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、それは違います!というのも、大きな資金を運用する彼らにとっては、そういった株を買いにくい理由があるのです。

大きく仕掛けたところで、自分たちの買いだけで株価を大きく吊り上げてしまうことになり、それ以上の買い手がつかなくなる。割安感のなくなった株をいったい誰が買うというのでしょう?売り逃げられないものには手を出してこない?!つまり、彼らとは戦うステージが違うのです。

にもかかわらず、場違いなところで勝負を挑むから返り討ちに合う?!あらゆる面で準備不足のまま果敢に挑みかかっても、希望する成果が得られないどころか持ち込んだ資金をすっかり奪われるだけです。

私たちが意識しておかなければならないのは、ステージにあわせた投資手法や考え方で相場にのぞまなければならないということです。どうぞ無謀な投資で一足飛びに大儲けしてやろうなんて急くことなく、投資家憧れの「億プレーヤー」になるまでの過程を大切にしてください。

 

個人投資家がワンステップ乗り越えるために

「ヘッジファンド的なところに助言する銘柄と個人投資家に助言する銘柄とは全然違いますよ!」

以下は、株歴40年の藤ノ井先生に「投資家の棲み分け」について、お話をうかがったときの映像です。NGワードが相変わらず飛び出しましたが、ピー音でシャットアウト。(汗)

※予定にない突然の収録だったので、ちょっと騒がしいのはご容赦ください。(^∧^)

自分がどのステージにいるのか理解できていない人は意外に多いようで、ひとつ上のステージで実践すべき売買スタイルでがむしゃらに攻め続けている。身の程知らずとマーケットからはじき出されても文句は言えません。

投資家の課題は勝負をかけるステージを間違えてはならないということです。比較的初期のステージで悩んでいる投資家が多いのは、この点について意識されていないことが原因と考えることもできそうです。

確かに資産の全額を預貯金というのは、必ずしも賢明とは言い切れません。インフレヘッジの観点からも、株式投資をはじめとするリスク商品への志向は、むしろ現実的選択肢です。

資産とともに自分自身も大きく成長していくことが投資家としての理想です。

 

ご感想をお聞かせください
文章を書くのが苦手な方は簡単なコメントだけでも構いませんので、是非ご投稿ください。皆様からの喜びの声が、何よりの励みになります!

※姓か名のみ、もしくはニックネームでも構いません。

※メールアドレスが公開されることはありません。

※個人を特定できるような情報は入力しないようご注意ください。

12件の送信がありました。
Mr.syu さん

確かにお話の内容は理解できます。私はファーストステージにいます。ボラテリティの大きさに目が眩み値嵩株に挑戦して返り討ちになり、無謀と解りながらも低位株に魅力を感じない状況が続いております。この章を読んで少し考えを変えてみます。

HANA さん

ファンダメンタル、テクニカルを勉強中ですが、エントリータイミングが悪くて、何度も急落場面に合います。そのたびに、ロスカットで大切な資産を激減させてしまいました。後から振り返ると、大きく下げた銘柄は、その後、6ケ月程度で、買値以上に上昇してる場合が殆どでした。

自分の器以上の金額を、投資してしまったことが、ロスカットの原因でした。改めて、500万目指して、資金管理の重要さと、ある意味塩漬けも覚悟でロスカッとしないように、エントリーしたいとおもいました。

夜空の星 さん

私は 上手くありませんので 500万円のコースです

一期ニ会 さん

初めて日が浅い一人です。 
先生がお話されたファーストステ-ジの中にいます。
500万を目標です。
結婚40周年にもうすぐですので妻と二人で
ゆっくり旅行したい目標を実現したく
勉強したいと思います。

henntokkin さん

従来順張りの上げ相場での取引しかしてきませんでしたが、これでは勝率が上がらない事が解ってきたので、信用取引の買い/売りポジションを持つ取引もレバレッジを賭けずに勉強中です。軍資金が2,3百万円の為、損失は出してませんが、満足な利益を出すまでには至ってません。藤井先生の御説いつも拝見し勉強させて貰ってます。henntokkin

fuki さん

私は超初心者です。少しずつ増やしていきたいと考えています。次の目標は500万です。運用資金を大きくして家族にプレゼントしたいとひそかに思っています。ありがとうございます。

mob さん

gooooo

lucia さん

スマホ対応にして下さいね。
記事が読みにくいです。

木下 恵子 さん

有益なお話を聞かせていただき有難うございます。
株式投資については、以前全くの素人状態で始め、リーマンショック後子供達の結婚や親の介護等がありそのまま放置しておりましたが、身辺の状況が一段落したので久方ぶりに証券会社の口座を見て、大きな含み損が一点含み益に変わっていたのでびっくりすると同時にもう一度やってみようという気になりました。

プロ厳選500銘柄という本から選んだ銘柄を、チャートを見て買い時だなというときに買うようにしていますが、いつも迷うのは、ある株を買った場合高値で売り、その後の押し目で買い戻す事を繰り返すのか、長期投資として長く持っていたほうがいいのかという事でした。今回のお話で、私は一段階目にいるのである程度売買の回転を速くして運用資金を大きくする時期なのだとわかりました。有難うございました。

懸命に働いているのに給料はあまり上がらず税金と社会保険料ばかりが上がっていってる子供達に、投資のノウハウを伝えられるようになれたらいいなと思います。

唯根久幸 さん

大変いい動画であったと思います。私は、
500万のステージですが、やる以上は
1億円のステージを目指したいと思います。
連休中も勉強します。先生が、答えたくなるような
質問をぶつけられるようになりたいです。
引き続きご指導お願い致します。私も努力します。

TKuma さん

藤ノ井先生、いつも勉強に成るお話しをありがとうございます。
楽しみにしています。

今回の「投資家の棲み分け」のお話しも参考に成りました。
私の知らない世界のお話しでした。
私は1st Stage 500万円です。
まだまだです。目標3,000万円です。

頑張ります。

マッキー さん

なかなかいい話を聞けました!

WEBパートナー募集中!
最強FX会社BEST10
読者数日本一17万人突破!FXメールマガジン